主婦の浮気とはどのようなものか、その実態について

浮気とは男の人のためにあるような言葉でしたが、今では主婦の人の方が浮気していることが多いかもしれません。主婦というと、そんなことをしているひまなどないと思うかもしれませんが、それが大きな間違いなのです。主婦の人は非常に上手にやっているというのが実態です。主婦も長年になれば、毎日することは決まってきます。マンネリにもなるでしょうし、慣れてくると少しの手抜きならできるようになってくるでしょう。そんなときパソコンやスマホなどのネット環境があると危険といえます。テレビにはまってしまうことがあるように、ネット依存症の人も少なくないのです。刺激を求めている人に、出会い系などのサイトは魅力的にうつります。ただサイト内だけのやりとりだったらまだいいかもしれませんが、実際に会って浮気を楽しんでいる主婦の人がいるというのが真実なのです。女性の方がしたたかなところがありますので、事実を見つけるのはむずかしいといえます。妻の言動がどうもあやしい…と思い当たる点がある人は浮気調査マニュアル【裏切り続けるアイツに制裁を!】などに載っている探偵を利用して取り敢えず調査だけでもして真実を知る事が大切ですね。

主婦が浮気をするきっかけは一つではありません。

最近、いろんなメディアで取り上げられることが多い主婦の浮気ですがきっかけの多くは旦那の無関心、女性関係です。世の中の主婦の6割いるという雑誌もあります。その信憑性はともかく相手の男性は身近の人がほとんどで旦那の女性関係を相談しているうちに、女として見てくれなくなった事を相談した事がきっかけでという元々信頼関係がある程度親しい関係からの発展してしまうようです。浮気をされた腹いせに、という心情よりも優しくて話を聞いてくれたから引かれてしまったという女性特有の心から先に浮気をする心理が働くようです。主婦の仕事ははたからみれば楽そうですが子育て、家事、姑や近所の人との人間関係とストレスが溜まることも以外と多く、孤軍奮闘している主婦も少なくありません。そのストレスの積み重ねで潰れそうなときに話を聞いてくれる、そんなきっかけが多くを占めているので身体を求める事から始まる男性よりも旦那さんの心配りで防ぐことが出来る可能性が大いに高いのではないでしょうか。また、気持ちから始まることが多い分、修復にも長い時間を費やす事になってしまいます。

浮気が発覚した時の主婦の言い訳のテンプレート

主婦というのは、家事や育児に追われて忙しいものの、まじめに家事や育児をしなければ、夫が仕事に行った後には何をしても夫に気づかれることのない自由な時間が手に入ることも事実です。不倫に走る専業主婦の多くが、夫が仕事に行っている間を利用して不倫相手と合っていることが多いです。ただ、夫も妻の不倫にはうすうす気づいており、探偵を雇って浮気調査をして証拠を押さえます。妻と浮気相手が自宅であっているところに単問と一緒に夫が乗り込んで現場を押さえるという古典的なやり方は、今でも行われています。その時に専業主婦がする言い訳は今も昔も変わらずにテンプレート化されています。彼女らが何を言うかというと、不倫は本気ではなかっただの、寂しかっただの、さらにはもう二度と不倫はしないので許してほしいなどとパターン化されています。どれもその場しのぎの自己保身のための言い訳なので、結果として関係を修復するには至ることがありません。